45歳からの転職におすすめの求人サイト比較ナビ

 新聞・フリーペーパー・折込チラシなど、紙媒体での求人広告は依然として利用されていますが、これらはアルバイトや契約社員を対象としたものが中心です。昔は正社員求人誌としてB-ingやDODAという雑誌があったものですが、これらはインターネットの急速な普及により廃刊になってしまいました。現在はまさに「仕事はネットで探す時代」なのです。

 もちろんハローワークなどの公共機関も活用しなければなりません。ただ「ハローワークを使って、かつネットでも職探しできる」と「ハローワークが頼り」では雲泥の差があります。その点、当サイトにお越しになった皆様は「情報収集能力」の面で後者の方々より優れている、有利であるといえますね。

    インターネットを利用した求職活動の特徴
  • 速攻性がある
  • 24時間受け付けであり、自分のペースで準備ができる
  • 業界ごとに特化したサイトがあり、希望の求人を探しやすい
  • 会員登録を行うことで適職診断や最適な求人をメールで案内するなどのサポートを受けられる
  • ほとんどの求人サイトは企業側から利益を出しており、利用者に費用はかからない
  • プロのキャリアコンサルタントと相談できる



 それもそのはず、求人サイトも規模の大きい物から小さいものまで、ものすごい種類がありますからね。

 そこで当サイトでは独自のアンケート元に、利用者の満足度の高かった求人サイトをご紹介します。

 まずはこれらの人気サイトを使ってみて、物足りないところがあれば業界別の専門サイトや、他の求人サイトに手を伸ばしてみることをオススメします。

当サイトのランキングについて

45歳の転職に使いやすい転職サイトランキング

リクナビNEXT [45歳の転職に最適の転職サイト]
バナー
リクナビネクストはリクルートが運営している転職者に利用しやすいサイトです。
掲載求人は、大企業を中心に中小企業やベンチャー企業まで幅広く掲載されており求人数が多いため自分に合った求人を検索できます。 また、転職パーフェクトガイドやJOB Gallery面接対策、自己PRの書き方などのコンテンツを利用することで有効的な応募書類の書き方や面接対策がスムーズに行えます。
さらに、リクナビNEXTのスカウトサービスにレジュメ登録しておくと、企業側からプライベートオファーが受けられるため、企業から説明会や面接依頼などが届きます。 よって自己検索だけでなく、企業やエージェントの視点も取り入れた転職活動ができるため、自己の転職の可能性が広がります。


効率よく転職に成功した方は、「リクナビNEXT」と「リクルートエージェント」の両方登録される場合が多いです。
利用者のクチコミ

どういった求人が出ているのか転職活動を始めた初期に、自宅でじっくりと考えるのに役立ちました。前職がメーカーでの一般事務だったので業種変えが必要だと判断した結果です。最終的には介護職で落ち着きつきましたが早めに判断できて良かったと思います。(46歳・女性)

勤め先の経営状況が悪化したため、在職中から転職活動を行いました。とは言え仕事自体は忙しかったため隙間時間を利用しておりました。実際の面接時は休みを取ることになりましたが、求人の検索などはこちらの都合で動けたため大変助かりました。(45歳・男性)

最初はハローワークを中心に求職活動をしていたが、求人があってもなかなか決まらず、どうしたものか焦っていた頃に辿りついた。企業にとっては有料なだけあり、余裕のありそうな企業からの求人が多いのに感心した。(44歳・男性)

人材紹介所に登録しつつ、こちらで求人を眺めていました。求人数は多いのですが、45歳以上でも応募できる求人はどうしても限られていますね。正社員はあきらめ近所でパートを始めることになりました。(47歳・女性)

リクルートエージェント [45歳の顧客満足度No.1の転職エージェント]
バナー
リクルートエージェントは、転職エージェント業界でも最大手であるため求人数は多く、その中でも扱う求人の85%が非公開求人です。
そのため、登録すると非公開求人を紹介してもらえる可能性が高く、結果内定を獲得できるチャンスが高いため転職支援エージェントとしては登録しておくべきサイトといえます。
専任のアドバイザーから職務履歴書の書き方や転職ノウハウも聞くことが可能です。


利用者のクチコミ

キャリアアドバイザーの方は年下でしたが、情報をいろいろお持ちでまさに『プロ』という感じで親身になって求人を紹介してくれました。年齢的にも転職活動は難航しましたが決まるまでの10ヶ月間諦めずに頑張ることができました。(45歳・女性)

ほかの転職エージェントも利用したが、求人件数の多さは群を抜いている。特に大企業からの求人が目立つ。キャリアアドバイザーの質にはバラつきがあるが、合わなければ変更してもらうこともできる。最終的には自力で転職を成功させるしかないのだが、求人の紹介では大変お世話になった。(45歳・男性)

非公開求人数が多く、即戦力となる人材を求める求人がほとんどでした。求められるレベルが高いように感じました。それなりのキャリアを積んだ人材なら価値のある業者だと思います。(46歳・男性)

リクルートだけあり大手企業の求人も多く見られました。しかしエージェント内での競争率が高いようで、書類選考で落とされることがほとんどでした。結局別のエージェントで紹介された企業に転職しましたが、転職活動をするなら登録しておいて損はないでしょう。(44歳・男性)

マイナビエージェント
どの求人サイトにも掲載されている求人案件、そのようなものに応募をしてもなかなか通過することができないものです。
転職支援サービスを選ぶ際に重要になるのは、「非公開」かつ「独占」の求人が多いかどうか。マイナビエージェントは、大手企業ならではのスケールメリットを活かして、「ここだけにしかない求人」を数多く取り揃えています。


利用者のクチコミ

45歳を過ぎてから転職することに。私の価値は世の中ではどうなのかも分からず、マイナビエージェントにお世話になることにしました。様々なアドバイスやサポートを頂き、励まされました。ご紹介頂いた転職先で頑張りたいと思います(40代 女性)

転職サイトは沢山ありますが、どんな仕事でもという訳に行きません。担当者に自分の希望する仕事を伝えるとそれに見合う会社をいくらか紹介していただきました。転職する会社へのサポートもしっかりと行っていただけましたし、おかげで現在は無理をせず自分ペースで仕事ができてます。(50代 男性)

さすがプロのコンサルタントの方、とても丁寧な対応でした。登録して正解と感じましたね。歳のせいか自分1人で転職活動するのに不安がありましたので、プロの方についてもらい安心でした。数々の手助けをしてもらい無事に転職することができましたよ。

現在はまだ会社勤めをしており、転職先を見つけたとしても面接日が合わないことが多くスムーズに活動できない状態でした。幾つか使った転職サイトの中でもマイナビエージェントは面接の日程なども調整をしてくれますので助かっています

私は自分の長年続けていた仕事の実績がどれだけ転職で評価されるものかと思い、いくつかのサイトに登録してみました。その中でマイナビエージェントは実績も評価してくださり、対応も素早かったです。待たされるのが苦手な私は、やはり素早い対応に心を打たれます。こちらでお世話になろうと思っています。

JACリクルートメント
バナー
JACリクルートメントは、外資系企業求人に強いだけではなく、業界別のジュニアからシニア、エグゼクティブ求人とまで取り扱っているため転職支援会社としても利用しやすい転職エージェントです。
また、業界専任のコンサルタントが、求人紹介から、業界動向、市場価値、日程調整、面接指導などさまざまなサポートをしてくれます。

45歳の方におすすめ一覧



45歳の方が利用しやすい転職サイト

 45歳の方が転職するのであれば最もこの年代の情報量が豊富な、転職支援サイトを活用するのが良いでしょう。

 その点では求人数が業界ナンバーワンの、リクルートエージェントが1番おすすめです。リクルートエージェントの良い点は非公開の求人案件も豊富なことです。これは45歳の方の求人案件は、求人先の会社でも中間管理職を求めている場合が多いからです。外資系の会社などであれば、トップの求人案件などもあります。つまりとてもデリケートな案件が多いのです。あまりオープンにできない求人案件と言ってもいいでしょう。

 またこの年齢の場合にはもし貴方がエンジニアや工場管理の経験者であれば、中国やタイなどの海外の工場に責任者などの求人案件もあります。いずれにしても迷うよりは、まずはリクルートエージェントに登録して行動に移すことが大事です。


45歳の転職に必要なものとは?

 以前であれば45歳で転職すると言えば、周りの人も「え!」と驚きを隠せなかったかもしれません。しかし時代は変わり45歳で突然会社が倒産したり、ある日いきなりリストラに遭うかもわかりません。

 45歳と言う年齢は会社でも、中間管理職の方が多いと思います。それなりにキャリアがあり、仕事に対する自負もあるはずです。転職も会社の倒産やリストラに遭い転職するのと、自分の意思でキャリアアップが目的で転職するのではずいぶんと違います。

 ただいずれにしても、45歳の転職に必要なものは情報収集力です。若い方と違い45歳と言えば、いい意味でも悪い意味でも自分のことが分かる年齢です。自分の価値がどの程度のものか、ぐらいは理解できます。

 しかし自分で考えている自分の価値と、求人先の会社が求めている価値と一致するとは限りません。そのためには自分の価値をどれだけ最大限にアピールできるかと、自分の価値を最も必要としてくれる求人先を探すことです。それにはやはり情報量が豊富な転職支援サイトを上手に活用するのが1番です。